エネルギーと繋がるってどういうこと?

マニュアルには「エネルギーと繋がる」といった形で記載してあることがあります。
この繋がることはどういうことなのでしょうか?
・・・と不思議に思われる方もいるのではないでしょうか。

あらかじめ、何らかのエネルギーワークと言われるような事柄に接する機会が
あったり、あるいはスピリチュアル的な事柄にたいして何らかの知識があったり
すると違和感を覚えないかもしれませんが、もし(・_・)......ン?と思われたなら、
ご参照いただければと思います

1.まず、エネルギーと繋がるためにはどうすれば良いの?
といった内容であれば、こちらのページの方が参考になるかと思います

☆エネルギーと繋がるためにはどうしたら良いの?
http://heavenly-blues.at.webry.info/200909/article_10.html

そうではなくて、繋がるってなぁに?といった疑問点であればこの記事が
お役に立てるかもしれません。

私は、「繋がる」というのは、アチューンメントやヒーリングといった形で
くくりをつけてしまうのではなくて、ご自身の中に該当エネルギーを
呼び込むことを指していると考えています。

どういうことかと言うと、目的とするエネルギーに自分自身で波長を
合わせ、自らの回路に取り入れて、何らかのサポートを得たり、必要な
形にて活用していくことだと思います。

もっとも、これは私の見解にすぎません

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

また、たとえば、同じ女神や天使のエネルギーがあった場合、
どう違うの?といったご質問を受けることがあります。

2.同じ存在の違う種類のエネルギーと繋がるのはどう違うの?

ここでは、同じ女神のエネルギーであるアバンダンティアを例に挙げます

「アバンダンティア・アバンダンス・レイ」と「アバンダンティア・アチューンメント」
ですが、同じ女神のエネルギーであってもエネルギー自体は異なっています。

つまり、波長を合わせるのにしてもアバンダンティアのエネルギーの
異なる部分に合わせるという風に理解して頂くとわかりやすいかもしれません。

たとえば、Aさんには得意分野がいくつかあるとします。
スポーツが得意な面と外国語が得意な面があるとして・・・。

どちらもAさんですが、エネルギーはスポーツが得意なAさんに波長を合わせる
ものもあれば、外国語が得意なAさんに波長を合わせるエネルギーも存在する
といったイメージです。

同じAさんであっても違う面に波長を合わせることから違う種類のエネルギー
が存在し、波長を合わせることができると私は思っています。

繋がった際の体感や印象は人それぞれです。
ですが、何も感じないことが悪いということではありませんし、逆に体感がある
方が良いということもありません。

自分自身で楽しんで、あるいは、興味をもって関わっていく、そのことの方が
エネルギーは良いのかなって。
そんな風に私は思います 

※ 大変恐縮ですが、当HP内の文章の転載・引用はご遠慮ください
 

アチューンメント,エネルギー,伝授,遠隔,天使,エンジェル,無料ヒーリング,ライタリアン,花梨
       *Attunement Square Topページへ
       *Healing Room花蓮 Blog http://heavenlyblues.jugem.jp/